ボタニカルアロマキャンドル ボンソワール
ボンソワール キャンドル

HOME > キャンドルのこと > 香りについて

ABOUT FRAGRANCE

 


 

キャンドルの香りについて

ボンソワールでは、自然由来の精油(エッセンシャルオイル)を使用して心に癒し効果をもたらすブレンドのアロマキャンドルを中心に展開しております。研究と試作を重ねたボンソワールのアロマキャンドルは精油ならではの優しい香りを存分にお楽しみ頂けます。

 

 
 

エッセンシャルオイル

香りについて~精油と合成香料の違い~

About the fragrance.
The difference between the Essential oil and the Synthetic essence.


近年、インテリアショップや雑貨屋では必須の販売アイテムとなったキャンドル。
中でも、美しい香りのアロマキャンドルやフレグランスキャンドルはとても人気があります。
その多くはグラスや陶器の中に香りづけしたワックスを溶かし込んだものですが、世界の様々な国で作られた香りの表現は華やかな香水のようなものから、優しい自然の贈り物のようなものまで実に様々。こちらではこれらキャンドルに使われる香料についてご紹介させて頂きます。
キャンドルに使用される香料は、大きく2つに分けられます。
1つは人工的に生み出される合成香料、そしてもう1つが100%自然由来の精油です。

 
 
香りについて~精油と合成香料の違い~
 

合成香料の特徴

キャンドル用の合成香料は、植物に実際に存在する香りから、例えば「シャンパン」など想像上の香りまで、化学的に作られた香料のことを指します。そしてキャンドルワックスの特性に合わせて成分を調合しているため、ワックスに浸透しやすく「香りがしっかりしている」という特徴があり、空間に出したときの香りのムラがほとんどありません。また、一口に合成香料といっても、様々なタイプのものがありますが、中には世界の多くの人が愛して止まない「香水」という文化があるように、芸術の域に達するほどの素晴らしい香りも多く存在します。

 

精油の特徴

ご存知の方も多いとは思いますが、精油とは自然の植物の恵みから得られた天然の香料のことです。そのため、精油のみではワックスへの浸透率も低く、合成香料に比べると部屋を充満させるような強い芳香性はありませんが、自然由来の優しい香りがほんのり漂い、何より、植物ごとにもつ独自の化学成分によって、私たちの心と身体に様々な効果をもたらしてくれるという特徴があります。

キャンドルに使用される精油のブレンドは癒しを与えるものが多く、心身のリラックスを得るのに大変効果的です。

 

それぞれの特徴をお好みやシチュエーションによって使い分ける

1人でリラックスしたいときやご家族・お友達との語らいの場では、自然由来の優しい香りのキャンドルを、急な来客など、玄関やお部屋に香りを素早く広げたい時には香水のようなキャンドルなどと、シチュエーションとお好みによって使い分けるのがおすすめです。

色々とお試し頂くなかで、ご自身のお好みもはっきりとしてまいりますし、新しい使い方にも出会うかもしれません。

おもてなしのキャンドル普段使いのキャンドルのページでも、様々なシチュエーションにおけるキャンドルの使用方法のご紹介をしておりますのでこちらもぜひご覧下さい。